女の子の産み分けとは - 女の子を授かりたい!

女の子を授かりたい!

女の子の産み分けとは

赤ちゃんの性別は男性と女性のどちらの性染色体を持つ精子を受精するかによって決まります。
性別は出生前の検査の段階で判明するようになりましたが、希望する性別の赤ちゃんを授かる仕組みは未だ明らかになっていません。
2つの性染色体型にはそれぞれ特徴があり、女性の膣内の環境にも左右されますが、自然妊娠の場合の男女の確率はほぼ50%ずつとされています。

遺伝病の中には性別によって発病する確率が異なるものがあり、遺伝を防ぐために男女の産み分けが昔から行われてきました。
しかし現代では遺伝病を回避するよりも、むしろ両親の希望や家庭の事情などで特定の性別を授かりたいための産み分けが増えています。
特に、幼少時に病気にかかりにくい、将来は友人のように仲のよい親子関係を築きたい、などの理由から女の子を望む声が多く、より確率を上げるための産み分け方法が研究されています。

精子の寿命が性染色体型によって異なることを利用して、排卵日から逆算して自然妊娠をはかる方法が多く用いられますが、最近ポピュラーになりつつある産み分けは膣内にph値をコントロールするゼリーを注入して、特定の性別を授かりやすい環境を作ること。
手軽で母体に負担がかからず、胎児への影響もないことから注目を浴びています。
また、人工授精の技術を応用して産み分けたり、体外受精させて希望の性染色体を持たない精子を取り除いて子宮に戻す着床前診断といった方法も試みられています。
これらの方法は産み分けゼリーよりも確実性があるものの、安全面や倫理面での問題があり、自然妊娠が困難なときや遺伝病を避けるための産み分けに限定されています。

ピンクゼリー、産み分けゼリーについて詳しく知りたい方は、こちらのサイトを参考にしてみて下さい。
ピンクゼリーは通販できる?産み分けして女の子がほしいなら見て下さい。
http://www.shelfin.com/

top