産み分けに失敗した体験談 - 女の子を授かりたい!

女の子を授かりたい! > 産み分けに失敗した体験談
女の子を授かりたい!

産み分けに失敗した体験談

産み分けに「失敗」するということは希望の性別を産み分けられなかった、もしくは妊娠につなげることができなかったことを意味します。
産み分けゼリーを用いた産み分けの成功率が100%でない以上、失敗は避けられないもの。
口コミのサイトでも体験談が掲載されていますが、80%の成功率をあげるピンクゼリーでも、産み分けに失敗してしまうことがあるようです。

体験談によると、ピンクゼリーを使用しての産み分けに失敗した要因としては排卵日の特定や体温の測定が正確でなかったことが挙げられるようです。
精液中に含まれる染色体型の比率は男の子が生まれるY精子の比率が高くなっています。
その量はX精子の2倍ともいわれており、タイミングがずれ込むことで量の少ないX精子がますます不利になります。
これが技術的に男の子を授かる可能性がやや高くなっている理由でもあります。
排卵日のタイミングが曖昧なまま性交渉を行って、その結果産み分けに失敗するというケースもあるようです。

また、産み分けに挑戦するのは妊娠への不安がない第二子以降からというケースが多くなっています。
初産から産み分けに挑戦するカップルがいないわけではありませんが、たとえ年齢的に若く十分に体力があっても、子供の性別よりも元気に生まれるかどうかを優先するべきでしょう。
高齢出産になる場合は、二人目の出産が困難になる可能性があるとして何とか希望の性別の赤ちゃんを授かりたいと考えがちですが、やはり負担になる産み分けは避けたほうが無難。
産み分けを希望する前に、性別にかかわらず生まれてきた子供を愛情を持って育てることが第一です。

top