産み分けに成功した体験談 - 女の子を授かりたい!

女の子を授かりたい! > 産み分けに成功した体験談
女の子を授かりたい!

産み分けに成功した体験談

何度も産み分けに挑戦してやっと希望の性別の赤ちゃんを授かることもあれば、一度ですんなり成功したということも。
通常は排卵日の2日前に行う性交渉を前倒しし、あえて3日前に行ったという体験談も見られます。
2、3日というX精子の寿命を考えると女の子を授かるためのタイミングには問題なく、確率を上げることにつながるでしょう。
周囲に実際にピンクゼリーを使用して女の子の産み分けに成功したというケースがあれば安心感も増します。

子作りへの取り組みには数か月かけて体温と排卵日の測定を続けることが必須ですが、特に体温に関しては体温計を正しく使う、正確な検温の妨げになるような動作を避ける、など細かい点もチェック。
きちんと正確な数値を記録することで産み分けへの自信も持てるようになります。

また、膣内を進むスピードはY精子よりもX精子のほうが早いため、量の少ないX精子を少しでも早く受精させるために、短時間で済ませるのも成功率を上げるために大切です。
短時間で行うことによってオーガズムを迎えるのを防ぎ、X精子が卵子に到達しやすくなります。
精液は性交渉の頻度によって濃度が変動します。
禁欲気味のときは濃度が増してその分精子の量も増えるため、当然ながらY精子の比率が高くなります。
女の子を授かりたいときには排卵日近辺を外した時期にも性行為を行って精液の濃度を薄めにしておくこともポイントです。
もちろんその際には必ず避妊しておくことはいうまでもありません。
産み分けの成功にはタイミングも重要な要素です。
何が何でも女の子を、と気負いすぎず、女の子が生まれたらラッキーととらえて、気持ちを楽にしてください。

top