男女の産み分けの問題点 - 女の子を授かりたい!

女の子を授かりたい! > 男女の産み分けの問題点
女の子を授かりたい!

男女の産み分けの問題点

古くから研究がなされているものの、科学技術が発達した現代でも未だはっきりと解明されていない性別決定のメカニズム。
人工的に男女の産み分けを促すゼリーが開発されたものの、まだその確率は100%というわけではありません。
また、希望の性別の赤ちゃんを授からなかったことに対して「失敗」と表現することも問題点となっています。
せっかく授かった赤ちゃんの存在を否定することにもつながるからです。
中には落胆のあまり、愛情をもって育てていく自信がないとして中絶を選択するカップルもあるようです。

産み分けゼリーを希望するカップルの中にはパートナーの同意が得られないままオンラインで購入し、内緒でゼリーを使用して産み分けにトライするというケースもあるようです。
パートナーの同意が得られない理由としては、人工的に性別を決めることへの抵抗感が挙げられます。
現代の産み分けを希望する理由としては女の子を授かって溺愛してみたいというケースも見られます。
その気持ちが強くなりすぎると「女の子を授かるために妊娠する」という本末転倒な思考にもなりかねません。

また、産み分けの「失敗」とは妊娠ができないことも意味します。
あくまでも妊娠、出産することが前提で、産み分けはそれに付随するものという理由から、不妊治療を受けていたり、初産の際に加え、高齢出産になる人には特に女の子の産み分けは原則として適さないとされています。
産み分けられる確率を上げる試みを実践するに当たっては過度に期待しないこともよい方向に解決するためのポイントとなるでしょう。

top